FX始めてみる?外貨でガッツリ稼ぐためのコツ

短期か長期か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同じ外国為替取引であっても、FXと外貨預金においては、大きな違いがあります。
前者は、自分で注文をすることで、収益を鑑みることができます。
しかし、後者の場合、自分ですることは、通貨の選択と入出金のタイミングです。
つまり、FXが動的な投資なら、外貨預金は静的な投資ということでしょう。

これは、投資の期間面から見ても、関係しているかもしれません。
たとえば、FXは、証拠金と外国為替相場が連動したようにあつかわれます。
金利差益が発生するとはいえ、それが大きな収益源となることは、難しい面があります。
したがって、可能な限り、決済を行うことで、為替差益から収益を上げられます。
しかし、外貨預金の場合、あくまで預金です。
仮に市場の動きが期待通りでなかったら、余程の事情がない限り、敢えて悪い時期に出金することもないでしょう。
それだけ待ちができる投資であり、待ちが収益につながる活用法でもあるようです。
こうしてみると、FXが短期的な投資であり、外貨預金が長期的な投資であることがお分かりいただけるかと思います。
もっとも、FXにおいても、長期という考えがあるようです。
デイトレーダーという職種もあるように、日々に市場で、収益を上げようとする人がいます。
しかし、外貨預金の長期と比べれば、おそらくかなりの違いがあるのかもしれません。

そうは言っても、どちらにも、リスクがあります。
また、外貨預金は、ぺイオフの対象外であり、金融機関が倒産すれば、戻って来ないお金となる可能性があります。
どちらにせよ、外国為替取引には、リスクが付きものということです。

関連・その他の優良サイト