FX始めてみる?外貨でガッツリ稼ぐためのコツ

外貨預金の概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
通常、日本で預金を作るのであれば、日本円となっています。
しかし、日本円であれば、金利収入しか見込めず、投資とは言えない面があります。
言葉が悪いですが、他だの貯金と似たような面でしょう。

しかし、外貨預金は、金利ばかりでなく、為替変動によって、収益を見込むことができ、その収入が主要なものとなるようです。
ドルやユーロなどのメジャーな外国為替であれば、いずれの銀行などでも口座開設が可能で、郵便局でも、外貨預金を作ることができます。
預金の種類も、円建てと同様であり、普通、定期、積立があります。
最近は、一か月で自由に入出金のできるもの、あるいは、自動積立式などがあり、そういうものが人気を呼んでいます。
しかし、外貨預金においては、入金で出金でも、必ず手数料が掛かります。
これは、該当通貨を預金の通貨に合わせ、なおかつ、引出通貨を円に両替するためです。
手数料は、為替レートに基づかれて行われますが、今では各種金融機関によって、異なっています。
しかも、金融機関独自の手数料なども発生するため、その点については、注意が必要でしょう。

外貨預金においては、金利収入が見込めるため、金利の高い通貨に人気が集まるようです。
確かに預金のため、そのままにしておけば、金利収入が増えるでしょう。
しかし、金利が高いということは、投資の世界ではリスクが高いことも意味します。
しかも、金利は、各国の経済政策に依存します。
そのため、思いもしないことが起きる可能性もあり、その点については、重々承知しておくべきことでしょう。